穴吹エンタープライズ株式会社のパート・アルバイト・契約社員 求人情報

地図から探す

ご希望の地域をクリックしてください

雇用形態から探す

職種から探す

環境から探す

メリットから探す

登録制度のご案内

登録制度とは?

現在求人募集をしていない勤務地には【登録制度】と表示されています。これは、その勤務地に『就業をご希望される方』向けの事前登録制度です。ご登録勤務地の求人に関する更新情報を、優先的にお知らせいたします。

注意事項

現時点で選考を希望される方は、通常募集の勤務地にエントリーをお願いいたします。尚、全てのご登録者の方に選考機会をお約束するものではありませんので予め、ご了承ください。

インタビュー

ロイヤルパークホテル高松 和食調理
T.Mさん 24歳 正社員

ひと通りの仕事を覚えるまでに3年。

ロイヤルパークホテル高松には4年前の10月にパート採用されました。勤務先は座敷割烹「錦」で、1年後に正社員登用され、今は焼き物、揚げ物、蒸し物を担当しています。先輩の指示を仰がずに、ひと通りの仕事をこなせるまでに3年かかりました。まだまだ一人前というレベルではないですが、一人でなんとかこなせるようになるまで、やっぱりそのくらいの期間は必要です。

正社員になるという強い気持ち。

前職は寿司屋で板前をしていました。本格的な和食料理を作ってみたいという思いが強くなり、穴吹エンタープライズが運営するロイヤルパークホテル高松へ。料理が好きで、特に四季を料理に表現でき、独特の繊細さがある和食に魅力を感じていました。正社員からパートになる転職でしたが、しっかり働いて正社員になるという強い気持ちがありましたね。

やる気と元気があれば調理未経験でも大丈夫!

まだまだ覚えることばかりですが、後輩スタッフを引っ張っていく責任も出てきましたし、自分も成長しなくてはいけません。調理の世界は厳しい面もありますが、優しい先輩も多いです。ただ、技術は目で盗めという雰囲気はいまだに残っていますね。穴吹グループの調理求人に興味があるなら、調理経験の有無は気にしなくても大丈夫ですよ。大事なのはやる気と元気。人間関係が良く働きやすい環境ですから、求人に興味があれば、ぜひご応募ください。

高松国際ホテル「ぐりる屋島」
N.Oさん 32歳 パート勤務

「ぐりる屋島」一筋です。

穴吹エンタープライズが運営する高松国際ホテルにあるレストラン「ぐりる屋島」で、接客を担当しています。今はパート勤務ですが、実は高校卒業後に正社員として入社していまして、下の子供の出産を機に退社しました。その後、朝から6時間ほどパートで働けることになり、結局、高松国際ホテルから離れたのは2ヵ月くらいなんです。出産前には経理や企画という仕事も経験していますが、基本的には「ぐりる屋島」一筋で働いています。

接客は面白い。働くなら接客業以外は考えられません。

高校生の頃にパン屋さんでアルバイトをして、接客の面白さを知りました。お客様と接し、会話をするのが楽しいんですね。やっぱり、働くなら接客業以外には考えられません。もっと働きたいという気持ちはありますが、家族のことを考えると今はここが限界。ただ、子供が大きくなれば、また本格的に働きたいという思いは持っています。

「やればできる!」の気持ちで。

穴吹グループのホテルの求人については、接客未経験でも大丈夫です。最初のうちはお客様との距離感がつかめず、どう話したらいいか戸惑うこともあると思います。でも、仕事はやってみないと分からないですし、私はいつも「やればできる!」と言うんです。実際、やればできる仕事だと思いますし、自分に自信さえ持てばできます。それと、仕事は失敗しないと覚えないですから、失敗を恐れないで欲しい。やればできると、自分を信じて仕事に取り組んでもらえると嬉しいですね。

アルファリビング広島吉島通り 関連事業部フーズケア課(厨房担当)
K.Hさん 25歳 契約社員

上司の誘いでアルファリビング広島吉島通りへ。

介護施設で働くのは穴吹グループのあなぶきメディカルケアが運営するアルファリビングが初めてです。和食一筋で働いてきた僕とあなぶきメディカルケアとの出会いは、体調を崩して実家に戻ったとき。なにもしないで休んでいるのが嫌で、愛媛県松山市にあるアルファリビングの施設でパート勤務を始めたのがきっかけです。松山エリアの上司が元シェフの方で、介護施設で働く道を教えてくれ、さらに広島で本格的に働いてみるように誘ってくれました。

今は仕事が本当に面白い!

調理以外の経験がなくて不安もありましたが、今はアルファリビング広島吉島通りでの仕事が本当に面白い。塩分やカロリーの制限などがあるので元のレシピは決められていますが、野菜のカットだったり盛り付けだったり、これまでやってきた和食の経験を生かすことができるんです。どうしたら入居のお客様に喜んでもらえるだろうかと考え、それを自分で実行できる。これは面白いです。

苦労したおせち料理で最高の感動を味わいました。

今年の元日におせち料理を出しました。これまで培った技術に施設で学んだ工夫を入れて、とてもしんどい仕事でしたが、お客様に喜んで頂きたい一心で作ったのです。その料理が「美味しかった」、「今までで一番良かった」の声とともに残さず食されて戻ってきた。それまでの疲れが吹き飛びましたね。入居のお客様に対する思いやりと、料理を本気でやりたいと思う気持ちがあれば経験は二の次です。調理未経験でもなんの心配もいりません。この素晴らしい環境で一緒に頑張ってみませんか。

  • Check